産前・産後

産後の抜け毛はいつまで続くの?ひどい抜け毛の対策を徹底調査!

産後って抜け毛が本当にひどいです。

ひどすぎてこのままハゲるんじゃ…と思う程抜けます!

この産後の抜け毛はいつまで続くのか?何か対策はあるのでしょうか?

気になったので徹底調査してみました。

産後の抜け毛はいつから抜けて、いつまで続くの?

産後にごっそり抜け始める髪。

抜け方には個人差がありますが、大体のママが抜け毛の多さに悩まされているはずです。

では産後の抜け毛はいつから抜け始めるのでしょう?

スポンサーリンク

産後の抜け毛はいつから?

産後の抜け毛は、産後2ヶ月〜3ヶ月頃から抜け始めます。

妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が増えることで、髪の毛が抜けにくくなると言われていて、実際、妊娠中は髪の毛や体毛が増えて毛深くなったというママが多いと思います。

でも、赤ちゃんを産むと女性ホルモンが急激に減少し、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けてしまうのです。

でも一気に抜けすぎでしょって感じですが、抜け毛はいつまで続くのでしょう?

産後の抜け毛はいつまで?

産後の抜け毛はだいたい1年で元に戻るようです。

女性ホルモンが正常に戻れば抜け毛もなくなります。

産後の生理が再開すれば女性ホルモンが整ったサインと思っていいでしょう。

生理は、早い人で、産後数か月で再開する人もいますし、母乳育児を終えて再開する人、個人差がありますが、私の周りでは1年以内で再開する人が多い気がします。

産後の抜け毛のピークは?

産後の抜け毛のピークは5ヶ月~6ヶ月頃です。

私の場合はですが、急激に抜けていた髪の毛はこの頃一旦落着き、また程々に抜けはじめます。

そして、最終的に母乳育児を終えてからホルモンバランスが整い生理が再開するので、それまではちょこちょこ抜けていました。

ごっそり抜ける髪の毛ですが、実際、どれぐらいの量が抜けているのでしょう?

スポンサーリンク

産後の抜け毛の量はどれぐらい?

産後は2倍の量の髪の毛が抜けると言われています。

一般的な抜け毛の量は1日100本程度と言われているので、200本以上もの髪の毛が1日で抜けるということになります。

1日200本以上!!よくハゲませんよね…。

明らかに薄くなった見た目の変化がありますので、産後で折角オシャレを楽しみたいと思っても、髪の毛のボリュームが無さ過ぎてしっくりこないんです。

床には常に髪の毛が落ちているし、お風呂の排水溝はすぐ詰まるし、掃除も大変です。

産後の抜け毛はいつまで続くの?対策が知りたい①食事

産後は、なかなか自分の食事に目が行かず簡単なもので済ませがちですが、髪の毛を回復させるためには、バランスのよい食事を摂ることが大事です。

たんぱく質

抜け毛がなくなったり、早く髪の毛が生えるわけではありませんが、髪の毛は90%以上がたんぱく質で作られている為、意識して摂ると質のいい髪の毛が育ちます。

動物性のたんぱく質と植物性のたんぱく質をバランスよく摂取することがよいですが、特に大豆や納豆に多い植物性のたんぱく質が髪の毛にとてもいいです。

  • ブロッコリー
  • アスパラガス
  • 大豆製品
  • アボカド
  • バナナ

他にもいろいろありますよ。

亜鉛

亜鉛は、たんぱく質とともに髪の毛を作り出す欠かせない栄養素です。

亜鉛を多く含む食べものは、かき、レバー、うなぎ、カシューナッツ、アーモンド、たらこ、ほたてなどです。

おやつにカシューナッツやアーモンドを食べると手軽ですね。

亜鉛の摂取は健康上とても重要ですが、摂りすぎは逆に健康被害に繋がります。

一度に亜鉛を過剰摂取しても、吸収が大きくなるわけではないので、過剰な摂取は控えた方が良さそうです。

カルシウム

カルシウムが不足すると脳の神経細胞の働きが悪くなり、髪の生成がスムーズにいかなくなるため脱毛の原因になります。

カルシウムは乳製品や小魚に多く含まれていますが、授乳中は乳製品を摂り過ぎると母乳の分泌が増え、詰まりやすくなるので適度に摂取するようにした方がいいです。

ビタミンとミネラル

ビタミンには、老化防止や血流改善の効果があり、特に髪の毛によいとされるのは、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEです。

また、ミネラルには、髪の毛を潤す効果があるとされています。

ビタミンB2を多く含むのは、焼き海苔、わかめ、納豆、うずらの卵など、ビタミンB6を多く含む食べ物はまぐろ、かつお、ごま、ピスタチオなどです。

ビタミンEは、ナッツやゴマ、植物性の油などに多く含まれます。

ミネラルを多く含むのはわかめや昆布などの海藻類です。

これらの食材をできるだけ種類を多く、バランスよく食べるようにしましょう。

栄養素を食品で補うのが大変ならばサプリを取り入れるのもいいかもしれません。

 

産後の抜け毛はいつまで続くの?対策が知りたい②生活

髪の毛は生活スタイルの乱れや、ストレスが反映されやすい部分です。

産後は、赤ちゃんのお世話など、あらゆる環境の変化でストレスが溜まりがちです。

それに加えて、夜中の授乳で寝不足が続いていたりすると抜け毛が増える原因になります。

上の子がいるとなかなか難しいですが、出来るだけお昼寝をしたり休む時間をとる事が大事です。

産後の抜け毛は一時的なものです。

女性ホルモンが戻れば、抜け毛は回復するので、あまり深刻に考えすぎるとストレスになるので考えすぎないようにすることが大切です。

スポンサーリンク

産後の抜け毛はいつまで続くの?対策が知りたい③シャンプー

髪の毛が抜けやすいとシャンプーを軽めにしたりブラッシングも控えたりしますが、実はこれ逆効果だそうです。

「地肌ケアが出来るシャンプーを使う」、「乾かす前にヘアオイルなどを使って栄養を与る」などをすると抜け毛が抑えられるようです。

授乳中のママと赤ちゃんへの影響のことも考えて作られた、産後の抜け毛専用オーガニックシャンプーもあるので、授乳中の母乳への影響が気になる人はこれらを選ぶといいかもしれませんね。

産後の抜け毛はいつまで続くの?対策が知りたい④育毛剤

抜け毛の対策といえば、育毛剤ですね。

私も産後とてもお世話になりました。

育毛剤人気№1といえば、やっぱり「ベルタ育毛剤」でしょう!

私も使っていました。

配合成分の99.6%が天然由来成分で赤ちゃんに悪影響の成分は一切不使用。

私は抜け毛で頭皮が痛かったのですが、使ってすぐ効果があったようで、痛みはなくなりました。

抜け毛の減りですが、劇的な変化はよく分かりませんでしたが、減ったような気はしました。

もう少し長く使っていればより効果を実感できたかもしれません。

続いてこちらも人気の「マイナチュレ」!

無着色・無香料で赤ちゃんへの影響もなく、授乳中の敏感肌ママからの評判がとても良い商品です。

こちらも人気の「リリィジュ」

厳選した130種類以上の和漢素材を使用し、保湿成分「桐葉」や「桑白皮」のエキスをベースに、頭皮に潤いを与えコシのある髪を育て、スーパーヒアルロン酸も配合で育毛環境を良好に保ちます。

女性ホルモンに影響を与える成分は入っていないので妊娠中や授乳中でも使用できます。

子供が触っても安心な、弱酸性・無香料・無着色といったこだわりも嬉しいですよね。

産後の抜け毛はいつまで続くの?抜け毛がひどくて対策が知りたい!まとめ

いかがでしたか?

産後の抜け毛は個人差はありものの多くのママが気になってきるようです。

産後は女性ホルモンのバランスが崩れるので髪が抜けやすくなります。

ホルモンバランスが整えば自然と抜け毛も落ち着くのですが、それまでの期間が長いですよね。

髪の毛の量で見た目の印象はだいぶ違ってくるので産後も綺麗なママで居る為に育毛剤やシャンプーを上手に使うなどして、抜け毛の期間を乗り切りましょう。



RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください