芸能人・有名人

伊原六花は登美丘高校の元キャプテン!性格が勘違い女で韓国人だった?

伊原六花さんがここ最近注目されていますね!

伊原六花さんといえば、とってもかわいい女優さんですが、実はバブリーダンスで注目された登美丘高校ダンス部の元キャプテンなんですね!

もう知ってるって!?

登美丘高校在学中に芸能事務所と契約が決まり、しかも事務所は大手です。

そんな羨ましい伊原六花さんは勘違い女の韓国人と言われているんですよね。

勘違い女とは酷い言われようですが何があったのでしょう?

また韓国人なのかも調べてみました。

伊原六花は登美丘高校の元キャプテン!

伊原六花さんはイハラ・リッカさんと言い、荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシング・ヒーロー」や、平野ノラさんのネタを取り入れたバブリーダンスの動画が爆発的な再生数を記録した事で有名になった登美丘高校ダンス部の元キャプテンを務めていた経歴を持っています。

本名は林沙耶(ハヤシサヤ)さんと言い、テレビで取り上げられるとよくコメントなどしていましたね。

登美丘高校ダンス部はバブリーダンス以前から話題になっていて、伊原六花さんが登美丘高校ダンス部の1年、2年の時には高校ストリートダンス部選手権で優勝しているダンスの強豪高です。

2015年には大阪のおばちゃんの衣装でダンスをし個性を爆発させたこのダンスは実はバブリーダンスよりも好きという方が多数いるぐらい中毒性の高いダンスなんです。

選曲もいい感じです♪

 

 

 

2016年にはスクールウォーズの『HERO』の曲に合わせてハイレベルなダンスを見せてくれました。

とにかく見ている人楽しいけれど、このダンスはメンバー達も踊っていて楽しいと思いますね。

 

2017年にはバブリーダンスで3連覇がかかっていた高校ストリートダンス部選手権に挑みますが、準優勝の結果に終わってしまいました。

ですが、バブリーダンスは爆発的ブームとなってその年の紅白にも出場するほどでしたからね。

女芸人の平野ノラさんとのコラボも話題になり、キレッキレなダンスと衣装やメイクも話題になりました。

 

 

そして、バブリーダンスの時にキャプテンを務め、部員90人をまとめあげていたのが伊原六花さんなんですね。

これだけの人数のトップって相当のスキルがないと出来ないでしょうね。

メンバーとのコミュニケーションも大事になってくると思いますし、伊原六花さんって人柄もいいのでしょうね。

ちなみに、現在の登美丘高校ダンス部はさらに部員が増えて100名以上となっているんです。

また、バブリーダンスでは顔芸といってもいいぐらいに表情がこっけいで素顔は化粧に隠されていて分かりませんでしたが、こんなにかわいい子がいたんですね!

バブリーダンスが有名になると気になるのはやっぱりメンバーなんですよね。

ダンス部員達にスポットがあたると「凄くかわいい子がいる」と、伊原六花さんは当時からとっても話題になっていたんですね!

もともとは4歳の頃からバレエやミュージカル、演劇の習い事をしていた伊原六花さんは、ミュージカルの劇団に所属して将来はミュージカル女優になるのが夢だったんですね。

そして、高校を卒業したら地元大阪から上京して東京の大学に通いオーディションを受けようと思っていたようです。

それが、2017年のバブリーダンスが話題になった事で芸能事務所のフォスターにスカウトされ、2017年10月より事務所に所属して芸能活動を開始することになったんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぜひに〜︎︎☺︎ #ファニコン #fanicon

伊原六花さん(@rikka.ihara.official)がシェアした投稿 –

この時伊原六花さんは高校3年生で、なんと高校在中に大手フォスターからの直々のスカウト。

芸能界への夢ある若者達から見れば羨ましい展開ですね。

そして、2018年3月に高校を卒業して正式に女優デビューとなり、現在はドラマや歌でも大活躍ですね。

そんな伊原六花さんが勘違い女なんてひどい言われようなんですが、どーゆー事なのか調べてみました。

伊原六花は勘違い女?

どうやらSNSで伊原六花さん、勘違い女と言われているんです。

どんな勘違いをしたのか調べてみると、毒舌意見が!!!

バブリーダンスで注目されるようになって周りからチヤホヤされるうちに芸能界でもイケるんじゃない?と勘違いしたと言われていたんですね。

ダンスで有名にはなったけど所詮一般人!芸能人レベルではない

とバッサリ切り捨てる発言が多かったですね。

他にも、テレビで注目されるようになったポッと出の一般人に対する妬みも含まれている気もしますね。

ですが、伊原六花さんの将来の夢はミュージカル女優。

その為に小さい頃からコツコツと実力をつけてきた努力家でもあるんです。

なので、ダンスで有名になり芸能事務所からのスカウトを待つのは当然の行いではないでしょうか?

それに、芸能事務所側もだたかわいいだけではスカウトしないのではないでしょうか?

ダンスという武器があるからこそ色んなお仕事に役立てると言う理由でスカウトされたんだと思います。

野球でも、サッカーでも、実力者はスカウトされると昔から決まっていますね(笑)

ミュージカルの劇団ではなくても、まずは芸能界に入ればそこから何にでもなれるんです。

伊原六花さんもその気持ちがあったから事務所のスカウトを受け入れたのだと思いますし、まずは、何でも挑戦してみようとする考えがプロ根性なのだと思いますね。

でも、そんな中でも伊原六花さんを「かわいい」と言ってデビューを応援してくれるファンはいるので、ディスっているのはあくまでも個人の見る目ですよね。

私は十分、芸能界でも充分いける容姿だと思いますし実際通用していますからね。

ですが、伊原六花さんって小さい頃から劇団に所属していましたよね?

ってことは、ポッと出の一般人じゃないですよね?

そのあたりも調べてみました。

伊原六花の経歴は?元子役だったの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

やっぱり 踊るの大好きやなぁと 上手くなりたいなぁと 最近よく思う。。。 #それにしても #私の顔がうざい #ポーズも。うん。

伊原六花さん(@rikka.ihara.official)がシェアした投稿 –

伊原六花さんは、小さい頃から体を動かすのが本当に大好きで、小学校2年生の時に友達の友達が出演する舞台を見た事がきっかけでミュージカルに興味を持ちはじめるんですよね。

その後は…

2008年~2012年:フリーランスで活動し、子供ミュージカルに出演していた

2012年:劇団アークス主催のミュージカル「ズボン船長」のオーディションに合格し、生徒役で出演

2013年~2015年:同「ズボン船長」に出演し、ジョジョ姉役を3年連続で採用された

2015年~2017年:大阪狭山市の現代版組踊キジムナーの会「表現倶楽部うどぃ」に所属

と、幼少期の頃から常に劇団に所属してミュージカルの世界で活躍していました。

伊原六花さんの公式プロフィールにもちゃんと上記の活動年表が記載してあって子役として活躍していたのがわかります。

当時から劇団に所属していたという事は芸能関係者と顔見知りだった可能性もありますし、伊原六花さんの存在を知っていた可能性もあるかもしれないので、単なる一般人とは言い切れないですね。

登美丘高校ダンス部時代はミュージカルの経験がダンスにうまく生かされていますよね。

悪い意見を目にすると心折れそうになりますが、”有名人は叩かれてなんぼ”の所がありますから伊原六花さんにはこれからも頑張ってほしいですね!

 

また、「伊原六花さんは韓国人?」

との噂もありましたね。

引き続き掘り下げて調べてみました。

伊原六花は韓国人なの?

伊原六花さんが韓国人なのか調べてみた結果、韓国人だったという情報はありませんでしたね。

憶測で韓国人だと言っている人がいてそれが広まってしまったようです。

理由に挙げられているのが、「伊原」という苗字が在日韓国人に多いからというものでしたね。

また、本名の「林」も在日韓国人に多い苗字なんだとか。

まぁ、「林」も日本人に多い苗字ではありますけどね(笑)

他にも、顔が韓国人ぽいからという理由も…。

ですが、韓国人であるとも韓国ハーフという情報もないので真相はわからなかったのですが、れっきとした日本人なんだと思います。

韓国人であろうと、韓国ハーフであろうとかわいい伊原六花さんに変わりはないですし、私は応援しますが。

そして、家族構成が分かりました。

お父さん、お母さん、お姉ちゃん、妹の5人家族だそうですよ。

女3姉妹皆ダンスに関わっているのでしょうか?

お母さんはとにかく伊原六花さんの事を応援しているそうです。

伊原六花が朝ドラデビューでゴリ押しとは?

伊原六花さん、朝ドラ『なつぞら』に出演し、広瀬すずさん演じる奥原なつの東洋動画時代の親友モモッチこと森田桃代役を演じて話題になりました。

実は、なつぞらに伊原六花さんが出演したのは広瀬すずのバーターではないかと言われているんですね。

しかも事務所のゴリ押しで(笑)

広瀬すずさんと伊原六花さんは同じ事務所ですし、フォスターにはすずさんの姉の広瀬アリスさんや鈴木杏さん、北乃きいさん、そして、元AKB前田敦子さんの旦那さんの勝地涼さんも所属しています。

今回の朝ドラ『なつぞら』では広瀬すずさんゆかりの人が主演する事が多い気がしますね。

富田望生さんは広瀬すずさんとの共演回数が多く、プライベートで仲が良い事でも話題でした。

北乃きいさんは事務所が同じです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

28歳の誕生日を迎えました。 今日は朝『なつぞら』の撮影で、午後は『ハル』の舞台稽古でした。 いつも沢山の応援ありがとうございます。 これからも日々精進して参りたいと思います。 宜しくお願い致します。 『なつぞら』と『ハル』の現場でお祝いをして頂きました。 ありがとうございました。 『ハル』の稽古場で共演させて頂いている大先輩の梅沢昌代さんからプレゼントを頂きました。 いつも優しくて、ファンキーでカッコよくて、本当に尊敬しております。 共演は2回目になります。 梅沢さん本当にありがとうございます♡ #28th #欲しいものの詰め合わせだった

北乃きいさん(@kie.kitano.official)がシェアした投稿 –

大原櫻子さんも広瀬すずさんと携帯のCMに出演したりプライベートでも仲がよく、髪型も似ていますし、実際2人並ぶと顔もそっくりなんです!

でも個人的には大原櫻子さんは北乃きいさんにも似ていますね。

そしてそして、伊原六花さんも同じ事務所ですね。

ここまで広瀬すず繋がりが多い出演者をみると、まだまだ売出し中の伊原六花さんですから事務所もなんとかして出演させたいですよね。

また、東洋動画時代の仲間として広瀬すずさんとの絡みのシーンが他の出演者よりも断トツで多いのも事務所のゴリ押しと言われる理由かもしれませんね。

事務所が同じ伊原六花さんはバーターである可能性もありますが、私の見解では今回広瀬すずさんと仲の良い方達が出演しているので、伊原六花さんとも仲がいいだと思いますね。

さらに伊原六花さんについて調べると、スタイルの良さが話題になっていました。

伊原六花の水着姿がヤバい!

伊原六花さんが凄いのはダンスだけじゃなくスタイルも凄いんですね。

水着でグラビアを披露したのですが、そのスタイルに皆ざわつきました。

ちなみに伊原六花さんのカップ数はDカップだそうです。

でっ!D!!

でかっつ!!

この顔で(けっして悪い意味ではないです)Dもあるとは(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

、 たくさんのものを しっかり掴めますように。 いつもありがとうございます。 皆さん全部全部大好きです。

伊原六花さん(@rikka.ihara.official)がシェアした投稿 –

服を着ていても分かってしまう程のカップのデカさ!

世の女性のあこがれでもありますね!

しかも、デビューして早々に写真集まで発売してしまうとはこれも事務所の戦略なのでしょうね。

 

2018年3月に登美丘高校を卒業した伊原六花さんはまだまだ売出し中なのですが、2nd写真集『sau hoa』まで発売になっているではありませんか!

だって、広瀬すずさんだってデビューからしばらくたってからの写真集だったんですよ!

これは第2の広瀬すずとして注目してもいいかもしれませんね。

伊原六花のプロフィール

引用元:http://www.web-foster.com

 

氏名:伊原六花(イハラ・リッカ)

本名:林 沙耶(ハヤシ サヤ)

生年月日: 1999年6月2日(20歳)

出生地 :大阪府大阪狭山市

出身地:  大阪府

身長 :160 cm

血液型: A型

出身高:大阪府立登美丘高等学校

趣味:お菓子作り

特技:ダンス

職業: 女優・歌手

活動期間 :2017年 ~

事務所: フォスター

伊原六花は登美丘高校の元キャプテン!本名や韓国人の噂は本当?まとめ

いかがでしたか?

ブレイク寸前の伊原六花さんはあの有名な登美丘高校ダンス部の元キャプテンだった事にも驚きですが、なつぞらのモモッチとして出演していた事にも驚きでした。

演技もとっても自然でかわいらしい役は伊原六花さんのイメージにぴったりですね。

しゃべりも上手な伊原六花さんはバラエティ番組でも活躍すること間違いなしでしょうね。

今後も応援したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください