テレビ番組

3年A組 今から皆さんは、人質です5話あらすじネタバレ !

『3年A組 今から皆さんは、人質です』も5話まで終わりかなり謎が溶けてスッキリしてきました!

そして、今回犯人につながる重要な事があかされました。

一部完結して最終回まで残り少ない『3年A組 今から皆さんは、人質です』ですが、さらなる犯人が浮上しました。

1話~のあらすじネタバレと5話ネタバレです。

まだ見ていない人はご注意ください。

『3年A組 今から皆さんは、人質です』あらすじネタバレ !1話

引用:https://dorama9.com
  • 柊が生徒を学校に監禁
  • 景山澪奈がなぜ自殺したのか、生徒の中の誰かが自殺に関わっているのでその人物を見つけようとする
  • 景山澪奈は水泳の大会でドーピングをしたとSNSに投稿されていた
  • 関わっている人物見つけられず、中尾蓮が最初の犠牲者に…
  • SNS「マインドボイス」登録者に身代金を要求

スポンサーリンク

『3年A組 今から皆さんは、人質です』あらすじネタバレ !2話

  • SNSに投稿したのは宇佐美香帆
  • 宇佐美香帆は景山澪奈の人気を利用して自分も人気者になろうとしていた
  • SNSにはフィエク動画が添付されていたがその犯人が別にいる
  • 死んだはずの中尾蓮が生きているかもと疑う生徒
  • 柊一颯は前に努めていた咲宮高校の担任仲間の相楽文香と付き合っていた
  • 相楽文香は柊一颯から暴力を受けていた
  • 生徒の中に内通者がいた

スポンサーリンク

『3年A組 今から皆さんは、人質です』あらすじネタバレ !3話

  • 警察の五十嵐徹は柊一颯の協力者
  • 警察の郡司真人にドーピング動画をとった犯人を探せという
  • ドーピング動画を撮ったのは里見海斗
  • 景山澪奈に告白したが振られた腹いせに動画をとった
  • ドーピング動画をとるように里見をそそのかした犯人が別にいる
  • 郡司真人が犯人を間違えたので生徒5人が犠牲に
  • だが、死んだはずの生徒達は生きていた

『3年A組 今から皆さんは、人質です』あらすじネタバレ !4話

  • 死んだはずの生徒達は全員生きていた
  • ドーピング動画を里見に撮れと言ったのは甲斐隼人
  • 甲斐は夢を諦めた自分と対照的に脚光を浴びている景山への嫉妬から景山を売った
  • ドーピング動画を加工した黒幕は「ベルムズ」リーダーきしまさおみ
  • 真相を話そうとした時に柊一颯が倒れる

『3年A組 今から皆さんは、人質です』5話あらすじ

一颯(菅田将暉)が倒れた―――。
それから約2時間後、時刻は3月4日午後10時30分から物語は始まる。
一颯を心配するさくら(永野芽郁)らの一方、その隙を見て生徒たちは手分けして脱出方法を探り、閉ざされていた美術準備室の扉を破ることに成功。そして彼らは没収された携帯電話やカバンを回収し、外部との連絡手段を獲得する。

様々な人間からの生存報告、そして一颯が倒れたという情報が瞬時に拡散していく。
その報を聞いた警察は動きだし、SITの突入を決意する。……突入まで時間はない。
そんな中、美術準備室の床から下の階の教室につながる扉が開き、殺されたはずの中尾(三船海斗)里見(鈴木仁)西崎(今井悠貴)瀬尾(望月歩)瑠奈(森七菜)美咲(箭内夢菜)が見つかる。まさかの事態に喜ぶ生徒たち。

しかし、なぜか神妙な面持ちの里見たち。彼らは、脱出を試みようとする生徒らに「自分たちは学校から出るつもりはない」と告げ、さらには「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」と他の生徒に訴える……。その真意とは。
たった55分間の激動の物語。争いと葛藤。彼らそれぞれが取る、選択とは……。引用元:日本テレビ

『3年A組 今から皆さんは、人質です』5話ネタバレ

柊が倒れたのでその隙に逃げ出そうとする生徒達。

美術室にいき特殊な鍵がかけられている扉をなんとかして開けようとする。

そして見事に扉をやぶり美術室に入る事に成功します。

携帯を探しだす生徒達、その時柊の爆弾腕時計をした逢沢博己が現れます。

内通者は逢沢だったのです。

柊にもしもの事があったら後を引き継いでくれと頼まれたようだが、逢沢は弱いので速攻やられて爆弾時計を奪われてしまいます。

そして、扉の鍵を開けさせられて生徒達は携帯を取り戻し、里見や中尾その他の生徒達を無事発見します。

生きていた事を喜ぶ生徒達に、里見は「このまま教室に残って欲しい」といいます。

里見達は柊から真の目的をすでに聞かされていました。

柊不在の中、その真の目的を生徒達に話ます。

柊の目的、それは”景山の事件の真相を世に晒す”事でした。

「景山は自殺したのではなく殺され、そしてまだ事件は解決していない」、「また同じ事がおこる可能性があり、それは警察ではどうにもできないから世間にこの事件を注目させてあぶりだす必要がある」というのです。

内通者を使ってSNSに投稿したり身代金要求もその為たったのですね。

そして柊は不治の病で時間がないというのです。

それを聞いた生徒達は柊が宇佐美香帆や甲斐に言っていた言葉を思いだし、一人一人がこの事件と向き合おうとするのです。

そして、その真の黒幕にたどり着く鍵を握っているのは諏訪唯月だといいます。

諏訪は「自分は何も知らない」と言いますが、絶対に何かを知っている様子です。

そして喜志に貰ったペンダントをずっと握りしめています。

生徒達の中には早く帰りたいという人もいて大騒ぎです。

そんな中、柊が倒れた情報を聞いた警察が、教室にSIT(シット)を送り込み、突入してきました。

学校に残ると決めた甲斐がこのままでは柊の計画が台無しになると思い、爆弾時計を押そうとするのです。

と、そこにさくらに抱えられながら柊が美術室へ。

「汚れ役は俺だけでいい」と甲斐から爆弾時計を返してもらい、早速、諏訪が持っている情報を聞き出そうとします。

諏訪は喜志のおかげでお金にもこまらず、芸能事務所まで紹介してもらい、夢だったモデルになれました。

だから「喜志が持っているコネが欲しい」とそう簡単に情報をいう訳もなく…。

「偽りの力にしがみついてみっともないって、間違ってることくらいわかってるけど私はこうやって生きるしかなかった」という諏訪に、柊は「皆同じで、みっともない!間違えたら戻ればいい、だからお前は間違ってない」と諏訪の言葉を肯定するのです。

その柊の言葉に心動かされた諏訪は、喜志からもらったペンダントを床に投げつけ、中に入っていたマイクロカードを柊に渡すのです。

景山を陥れるフェイク動画の「顧客リスト」を入手し、魁皇高校の教師が依頼したと分かった柊と3年A組生徒達。

その顧客リストをSNSマインドボイスに投稿する柊。

生徒達、警察、世間までもこの事件の真犯人に注目することになるのです。

スポンサーリンク

『3年A組 今から皆さんは、人質です』あらすじネタバレ !6話あらすじ

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。驚くA組生徒たち。話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。引用元:日本テレビ

『3年A組 今から皆さんは、人質です』あらすじネタバレ !フェイク動画を依頼した犯人は!?

5話を見終えてまた新たな謎がでてきましたね。

フェイク動画を依頼したのは魁皇高校の教師でした。

魁皇高校教師

武智大和
演 – 田辺誠一
3年B組担任(数学担当)。本を出版したりテレビでのコメンテーターなども務め「平成最後のカリスマ熱血教師」の異名を持つ有名教師。
しかし校舎が爆破された際には生徒を避難させず、大声を出してパニックになっていただけだった。立て篭もり事件が判明すると進んでマスコミの取材を受け、事件の最中にもかかわらずバラエティ番組に出演する相当な目立ちたがり屋かつ相当なナルシスト。
森崎瑞希
演 – 堀田茜
3年C組担任(地理担当)。生徒だけでなく教師からの人気も高いアイドル的存在。立て篭り事件前には柊を何度も食事に誘っていた。
武智から新刊を渡されたときには「要らない」と発言していた。
市村浩一
演 – ベンガル
魁皇高校校長。事なかれ主義者で「卒業までは平和でかつ穏便に」が口癖の域になっている。
立て篭もり事件が発生した際にも事件解決より体裁を気にしていたが、人質にされている甲斐の家庭の事情を知ると、できる限りの支援をするよう、教師たちに指示する。
坪井勝
演 – 神尾佑
体育担当。名門である水泳部の熱血顧問。
事件前には体罰的な指導があったようで、保護者から苦情を入れられていた。
デリカシーに欠けた部分があり、言ってはいけないような、普通は言わないような話を口に出しては諌められる(怒られる)。
佐久間現
演 – バッファロー吾郎A
3年の学年主任。
立て篭もり事件に対する対応を兵藤の父から責められた際には逆ギレしていた。実家が介護施設を経営しており、甲斐の母親の介護を申し出た。引用元:ウィキペディア

 

この中に犯人がいる!?

ネットでは武智大和が犯人だとの声が多いみたいですね。

かなりの目立ちたがり屋なので、景山に人気を奪われたから消そうと思った!

でも、それじゃあ、単純すぎるのでやっぱり犯人は別にいるのかと思います。

この中じゃなくて過去に魁皇高校教師だったとかかもしれませんね。

この中じゃあんなだいそれた事を依頼するような人物が見当たらない。

というか、想像がつかない。

次週6話、まだまだなぞが隠されていそうですね。

最終的にはマインドボイスからの情報で犯人にたどり着きそうだし、更に大物黒幕も存在しそうだし、まだまだ予想もつきません。

元カノ文香の父親が怪しい…!?

スポンサーリンク

『3年A組 今から皆さんは、人質です』あらすじネタバレ !まとめ

いかがでしたか?

ドラマも半分まで終わりフェイク動画を依頼した人物まで辿りつきました。

まだなぞは残されていますが、今後はその犯人や元カノ文香やマインドボイスでの世間がどのように関わってくるかに注目が集まりそうです。

6話も楽しみです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうごさいました。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください