妊娠中

妊娠初期の出血が鮮血でも大丈夫?腹痛なしもありも経験した話!

私には妊娠初期に鮮血の出血で情報をネットで調べに調べまくった過去があります。

今回はそんな私が妊娠初期に出血したときの話をまとめてみました。

結果的に大丈夫だったのですが、あくまでも私の場合ということでご紹介させてもらいます。

妊娠初期の出血が鮮血でも大丈夫?腹痛なしもありも経験した話!

妊娠初期の出血にモヤモヤしてるあなたに必見です!

妊娠初期の出血が鮮血でも大丈夫?

妊娠中の出血は厳禁ですよね。

なので妊娠初期に出血があったらとってもびっくりしますよね!

結論を先にいいます。

妊娠初期に出血があったとしても大丈夫ですよ!

でも、そう言われてもやっぱり心配ですし、妊娠中の経過はみんな違うものです。

奇跡的に私が大丈夫なだけだったのでは?

と思われているかもしれませんが、私には3人子供がいるのですがどの妊娠の時も出血しているんです。

私は出血しやすいみたいですが、どの妊娠の時も心拍は確認できましたし妊娠の経過も順調でした。

そしてみんな無事に出産しています。

 

私も初めてのときは本当にびっくりして泣きそうでした。

ネットで毎日夜な夜な妊娠初期の出血について情報を調べたりしていました。

ですが、やっぱりいい情報も悪い情報も存在していて結局安心できないままでした。

でも言えることは、妊娠初期は出血しやすいので出血したとしてもそれが流産につながるわけではないので安心してくださいね。

ただ、出血はしないに越したことないです。

出血量が増えないように注意が必要ですよ。

では、妊娠初期の出血で問題のない場合をまとめてみました。

妊娠初期の出血が鮮血で問題ない場合と危険は場合の違いは?

黒や茶色っぽいものは体内で過去に出血したものがいま排出されている状態と考えられます。

時間がたった古い出血なので問題ないとおっしゃる先生は多いでしょう。

私の時も先生が同じことをいっていました。

出血の色は茶色の時もありましたがほどんど鮮血でした。

そして危険な出血は鮮血で生理2日目ほどの量の出血があったときと言われました。

もしくはそれ以上になった時ですね。

私は最初こそ茶色で少量でしたが日によって鮮血も日もあり毎日バラつきがありました。

1人目2人目の時は鮮血の量もそんなに多くはありませんでしたが、3人目は結構大量に鮮血でてたんですよね。

生理2日目といってもいいぐらいの大量出血に妊娠中の出血に見慣れている私もあせって病院へ電話したぐらいです。

ですが、結果として赤ちゃんは無事。

前に鮮血で出血していた時に先生に言われて安心した言葉があります。

それは『赤ちゃんの生命力は意外と強い』。

そういわれてから少しの出血では気にしないようになりました。

といっても出血は出血ですし、自己判断は禁物です。

茶色や黒の少量の出血程度であれば様子をみてもいいと思いますが、鮮血の出血であれば少量であっても病院でみてもらった方が気持ち的に安心するでしょうね。

病院で止血の対応もしてくれると思うので。

妊娠初期の出血はいつまで続くの?

妊娠初期の出血がいつまで続くのかは人によって違うのでないでしょうか。

私の時は、妊娠7週目あたりから出血がはじまりどの子の時も4ヶ月に入りようやく落ち着いてきた感じですね。

週数は12週ごろです。

10週から11週ぐらいまでは流産率が高いと言われますが、私の場合は12週ごろにやっと出血が落ち着いてくるので、出血量が増えすぎたら流産していてもおかしくはなかったかもしれませんね。

でも3人も同じ症状で無事に出産しているので出血しやすい体質なんだと思っています。

しかも結構ダラダラと続くタイプなのでしょうか。

生理の終わりかけのような出血が出たり止まったりを4ヶ月まで繰り返していました。

妊娠初期の出血で鮮血の他にも腹痛のありなしによっても流産に違いがあるのでしょうか。

妊娠初期の出血で鮮血でも腹痛なしは大丈夫?

出血するときって腹痛がありそうですけど、私は腹痛なしの場合でも出血していました。

しかも鮮血…。

出血にもいろいろと原因があるので腹痛を伴わない出血もあるのでしょう。

 

そして、腹痛もあって出血量も多いとなればとにかく危険なので、すぐ受診した方がいいですね。

切迫流産となってしまう可能性が高いです。

ちなみに私は、結構な腹痛があった時に生理2日目の量の出血があったんです。

なので腹痛と出血の量は関係しているかもしれないですね。

なので腹痛はないから大丈夫な出血だろうと思わないでくださいね。

どちらにしても腹痛なしでも受診は必要と思います。

妊娠初期の出血を止める方法はある?

妊娠初期の出血で一番怖いのは切迫早産ですね。

出血を止めるには安静が一番でしょうね。

出血は安静にしていると止まりやすくなるので、体を横にしているといいですよ。

12週未満の流産は妊娠中のママではなく赤ちゃんの染色体異常による問題が大きくてもともと育つのが難しかったといわれたりもしれいますが、それでもやっぱり赤ちゃんの事を考えて安静にしたいですよね。

それを過ぎると流産のリスクがぐんと低くなるのでそれまでは安静です。

ではどれぐらい安静にしたらよいのでしょうか?

家事長時間の立ち仕事は×、無理のないように疲れたら休む
階段×なるべく階段は使わない
外出・買い物×重いものはできるだけ持たない
運転×振動が刺激になるのでなるべく乗らない
お風呂出血しているときはシャワーがいい
仕事×出血量が多いなど安静が必要な場合は休む
上の子なるべく抱っこなどはさける

 

妊娠初期の出血が鮮血でも大丈夫?腹痛なしもありも経験した話!まとめ

妊娠初期の出血が鮮血でも大丈夫?腹痛なしもありも経験した話!をまとめてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事はコチラをクリック↓↓

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください