お悩み・生活

パンデミックに備えて準備しよう!家庭でできるコロナ対策を調査!

世界中で次々と感染者が増え続けている新型コロナウィルス。

今後起こる可能性のあるパンデミックに備えて家庭でできる新型コロナウイルス対策を調べてみました。

パンデミックに備えて準備しよう!家庭でできるコロナ対策を調査!

新型コロナウイルスに危機感を持っている方に是非読んてほしいです。

パンデミックに備えろとは?可能性は?

「パンデミックに備えろ!」という言葉をよく耳にしますよね。

パンデミック(pandemic)とは、日本語で“感染爆発”などと訳されているようで、感染症や伝染病が世界的に大流行し、多くの感染者が発生することをいいます。

今の現状をみるとまさしく「パンデミックじゃん!」と思うのですが、どうやらまだパンデミックではないようです。

マジかーい!!

世界保健機関(WHO)はこのようにコメントしています。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は26日、イタリアやイラン、韓国での新型コロナウイルス感染者の急増を「深く懸念している」が、新型ウイルスは引き続き抑制されており、「パンデミック(世界的な大流行)」ではないと述べた。引用元:http://www.asahi.com/

この状況でもパンデミックと認めないって…。

しかしその後も感染者は増え続け、「パンデミックになる可能性はある」と発言。

ついに28日に新型コロナウイルスが世界規模で大流行する危険度を、最高レベルの「非常に高い」に引き上げる発表をしました。

その翌日29日には仙台、高知、新潟で初めての新型コロナウイルス感染者が出てきたので、今後も感染者は増え続けるでしょう。

笑ってはいられないレベルまできているんです。

※追記:3月12日

感染者数12万人以上いるとし、パンデミック宣言をしました。

一人一人が新型コロナウイルスに対して危機感を持って行動しないと被害は増え続けパンデミックを速めてしまうでしょう。

ではもしパンデミックになってしまうとどのようなことがおこるのでしょうか?

パンデミックでおこる最悪の事態とは?

新型コロナウィルスは感染力は強く、1人の感染者から複数人に移ることが分かっています。

空気感染は確認できていないものの飛沫感染で一気に感染が広がり武漢市内の医療機関にはコロナ感染者の人であふれかえり、元気な人にまで感染させてしまう事態になってしまいました。

さらに適切な診察が受けられない人が多くなり重症患者であっても入院できずに自宅療養させられたり死者が出るほどの被害も。

そして結果、武漢市を閉鎖することに。街から住民はきえました。

このようなことが世界中でおきてしまうと、どの国も閉鎖においこまれ住人は外出自粛。

社会が機能しなくなり物流も手に入りません。

現在日本でも中国で製造していた物流が止まりマスク不足です。

そして消毒系のアルコールも売り切れ。

メルカリなどでは超高額で転売されていたりとマスク問題は深刻です。

また3月2日からは日本全国の小・中・高が”一斉休校”という措置にたくさんの方が戸惑い気味です。

一斉休校で子供の勉強の遅れが気になる方はコチラも記事おススメです!

⇒自宅学習で小学生におすすめ無料サイト4選&アプリも紹介!

ですかこの全国一斉休校で”本気でパンデミックに備えよう”と本格的に意識し始めた人は多いはずです。

そこでパンデミックに備えて私達が家庭でできる新型コロナウィルス対策とは何か?と考えると外出を自粛するのが一番ですよね。

外出頻度を最低限にするために必要なのは食料ですが、皆さんどんなものを購入してストックしているのでしょうか?

お店でどんなものが売れていいるのがまとめてみました。

パンデミックの備えで売れているものは?

パンデミックに備えて外出しなくて済むように生活必需品を家庭にストックしておく必要があります。

また、需要が一気に集中してほしい時にはもう在庫がないという最悪な状況を回避するための備えでもあります。

一般的にはインフルエンザや震災の時などの非常事態に備えと同じで良いでしょう。

食料品

水やカップラーメン、レトルト食品、冷凍食品など保存の効くものが多いですね。

  • うどん・そばの乾麺
  • レトルトカレー
  • パスタソース
  • 冷凍食品
  • 缶詰
  • カップラーメン
  • 味噌汁のレトルト
  • おせんべいなど賞味期限の長いお菓子

またインフルエンザや健康被害が拡大すると必ずよく売れる商品があるんです。

  • カテキンを含む”緑茶”と”濃茶”
  • ヨーグルトの乳酸菌”R-1ヨーグルト”
  • ビタミンAとCを含んだ”野菜生活”
  • 納豆のナットウキナーゼが良い。

感染の影響が一番大きい北海道でも売れているようです。

日用品

マスク、消毒薬はもちろんのこと、家族に感染者が出た後の対策も考えて使い捨てゴム手袋やポリ袋も売れているようです。

通常であればすぐ手に入るものばかりですが、今の状況ではいつ在庫がなくなり次回いつ入荷するかもわからないということが考えられます。

  • ポリ袋
  • 使い捨てゴム手袋
  • 経口補水液(OS-1など)
  • アイスノン
  • 解熱剤
  • 体温計
  • 漂白剤

常に補充はされているようですが入荷するとすぐ売り切れてしまう商品も。

  • トイレットペーパー
  • 生理用ナプキン(一部の商品)

また、深刻なマスク不足から簡易的にマスクがつくれる動画がアップされたこともありキッチンペーパーが品薄状態でした。

  • キッチンペーパー

その他、ライフラインは問題なく使えると言われていますが、パンデミックで最悪の事態を想定してカセットコンロを購入する人も。

  • カセットコンロ
  • ガスボンベ
  • 電池
  • 携帯充電器

赤ちゃん用品

赤ちゃんのいる家庭ではおむつなどはストックしておいた方が安心ですね。

  • おむつ
  • おしりふき
  • 粉ミルク

また、パンデミックに備えて家庭でストックしておくことも大事ですが、新型コロナウイルスの対策も大事です。

”パンデミック対策”引き続きご覧ください。

パンデミックに備えて家庭でもできる新型コロナウィルス対策は?

こまめな手洗い

まず、1つ目は手洗いです。やっぱり手洗いは基本中の基本ですよね。

「外出から戻った後は石けんで手を洗おう」という教えは小さい頃から言われ育ってきましたが、大人になるに連れて「ま!いっか!」の精神が出てきゃうんですよね。

私もちょこちょこ「ま!いっか!」の精神出ちゃうんですが、特に感染力が強い新型コロナウイルスに関してはとっても危険なので手洗いは徹底したいですね。

手を洗うタイミングとして

  • 外出から戻った
  • 多くの人が触った(と思われる)ものを触った
  •  咳・くしゃみ・鼻をかんだ
  •  料理を作る前
  •  食事の前
  •  家族や動物の排泄物を取り扱った
  • トイレに行った後

などが挙げられますが、さらに我が家は石鹸で洗った後にアルコールで消毒もしています。

だって子供の手洗い適当な感じがするんですもん…。

そして、正しく手を洗えていますか?ここかなり大事です!

石鹸で、てのひらから指先の一本一本まで丁寧にそして手首もしっかり洗ってはじめてウィルスが落ちるので簡単にちゃちゃっと洗っているだけではダメなんです。

また、外出中にもこまめな手洗いは大事と言われています。

絶対に新型コロナウイルスに感染したくないから何かを触る時は手袋をした方がいいんじゃないかと私は考えています。

これだけの感染者が出ているので神経質ぐらいがちょうどいいのですが、手袋まではちょっとという人には、消毒ジェルが効果的です。

出かける時は普段から消毒ジェルを持ち歩くようにしておけば、もし手を洗える環境にない場所でも安心ですよね。

消毒ジェルが手に入らなければ除菌用ウェットティッシュでも大丈夫です。

手先をすみずみまでふくことで同じ効果的を得られます。

何かを触ったら手を洗うぐらいの気持ちでいるといいかもしれませんが、消毒・除菌関係の商品がなかなか手に入らない問題があるので困ったもんです。

 

楽天でも売られていますがかなりの高額です。

500円以内で買える商品がこんな高額だと購入意欲なくしますが、本当に困っている人は購入するしかないんですよね。

小さい子がいる家庭は特に困りますよね。国で高額取引禁止の法律つくってきちんと管理してほしいです。

それでは引き続きパンデミック対策にもどり、家庭でできる新型コロナウィルス対策をご紹介しますね。

手の消毒も大事な対策ですが部屋の消毒も大事になりますので引き続きご覧ください。

部屋の消毒

咳やくしゃみなどの症状がある人が、手で鼻や口をおさえると手にウイルスがつきますよね?

その手で家の中にある、テーブルやドアノブなどに触れると表面にウィルスが付着します。

そして、家族がその場所を知らずに触り自分の口や鼻などを触ると…考えただけでゾッとします。

人はくせというものが必ずありますから、無意識のうちに顔のどこかを触っていてもおかしくないです。

それに外出から帰ってきら手を洗う前に玄関のドアノブ触りますよね?

もし新型コロナウィルスが付着していたらどうしますか?

こちらも確実に感染しますね。

そこで大事なのがこまめな消毒なのです。

消毒するのは家族がよく触れる場所ですね。

先ほどの玄関のドアノブもそうですが、他にもテーブル、部屋のドアノブや照明のスイッチ、トイレのドアノブやトイレの便座の蓋・つまみだったり。

家族が共有している気になる所は全部消毒です。

回数は1日1~2回程度は消毒用アルコールで消毒を徹底した方が良いのです。

消毒用アルコールと聞くと小さいお子さんがいる家庭では極力使いたくないママが多いと思います。

消毒用アルコールを使うのに抵抗があるという方、「アイポッシュ」という消毒水があるの知ってますか?

この消毒水はアルコール不使用なので間違って口に入っても安全と言われているんです。

なんなら食品にかけても大丈夫なほど安全なんです。

また、乾燥、手荒れなどのリスクも少ないので小さいお子さんがいる家庭では常に人気の商品なんですよ。

では引き続きパンデミック対策ご覧ください。

やっぱりこれが一番効果的なのかなと思いますね。

パンデミックに備えるなら外出自粛

新型コロナウィルス感染のリスクを減らす一番効果的な対策はやっぱり「人が集まる公共の場への外出は控える」ことでしょう。

特にスーパーはいろんな人が出入りしますし、商品を手にしてまた戻すことも多いです。

感染するリスクは高そうです。

食料品や水などの食料品の買い物は多めに購入して、スーパーに行く回数は減らすべきです。

そこで最近注目を集めているのがネット販売です。

店舗へいかなくても商品をネットで注文して配達してもらうだけ。

感染のリスクは断然減りますね。

また、つり革にウイルスがついている可能性もありますから公共の交通機関の利用も避けたいですよね。

といっても、子供がいる家庭ではずっと家にこもったままというのも子供にストレスがかかりそうですし、親も一日中子供に振り回されて精神的に疲れそうです。

お互いにストレス発散できるような工夫も大事ですね。

外出時は正しいマスクの使用を!

パンデミック対策には必須アイテムのマスク。

外出するときは必ずマスクを使用することは、普段の風邪の時も同じですね。

自分への感染対策他の人にうつさないためのエチケットでもあります。

基本の正しい付け方は、「鼻が隠れるようにピッタリとマスクに隙間がないように密着させる」

夏用マスク

マスクの使用は正しく行わないとまったく無意味。なんだか息苦しくて取りたい気持ちになりますが感染しないためには正しい方法でマスクをつけないとだめですよね。

そんな中、間違ったマスクの付け方をしていると指摘をうけている人が多いんです。

どこが間違っているかわかりますか?

どうしてもマスクに隙間ができるというあなたはもしかしたら間違った付け方をしているかもしれません。

マスクって、耳にかけるゴムの付け根は外側にしてつけるのが正しいそうです。

お恥ずかしいことに私も子供もしばらく間違った付け方をしていました。

「マスクの箱にかいてあるし!」というご指摘もあると思いますが、このことは私だけではなく意外にも結構皆さん盲点だったようです。

なぜゴム紐が外側なのかというと理由はゴム紐が隙間を押さえるので密着度が増すそうです。

確かにそうだ!

でもゴム紐を内側にして使用するというマスクもあるようです。

説明ってちゃんと読まなきゃダメですね。

関連記事:マスクの裏表の見分け方はプリーツでわかる?予防効果がないのは本当?

あなたもちゃんと使っているマスクの説明をみて確認してみてください。

そしてマスクの付け方よりも今とっても深刻な問題がマスク不足ですね。

マスクは新型コロナウィルスが流行り始めた1月下旬から店舗で品切れになり、今でもなかなか買うことはできません。

前よりは少し買うことができるようになった気はしますが、それでも店頭に置かれるとすぐ売り切れる状態です。

私は最近ようやくマスク1箱買うことが出来ました。

だたやっぱりマスクコーナーには人だかりが!

購入のねらい目時間帯はやっぱり朝一番ですが、それでもなかなか手に入らないとなればガーゼを重ねてマスクをつくったりと”Myマスク”で乗り切るしかないのでしょう。

他にはマスクを洗って使っている人まで。

基本的に私が使っているマスクは使い捨てマスクなので1日1回交換タイプです。

洗って使うのってどうなの?と思いますが深刻なマスク不足なのでしかたないですよね。

でも、洗濯機にいれて洗うのは繊維をダメにしてマスクを痛めてしまうのでおススメしません。

中国人の方がマスクを洗濯機で洗っている映像をみて、真似して洗濯機で洗う人も多いかもしれませんが、洗うなら断然手洗いです。

私はマスクに除菌スプレーをして何回か使用していますが、除菌スプレーも売り切れとなっている店舗ばかりですよね。

マスクがなければパンデミックに備えることができないのでなんとかマスクと除菌スプレーは確保しておきたいですね。

パンデミックに備えて準備しよう!家庭でできるコロナ対策を調査!まとめ

パンデミックに備えて準備しよう!家庭でできるコロナ対策を調査!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事はコチラをクリック↓↓

頑固な汚れに超絶おすすめ『アビリティークリーン』は万能洗剤!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください