イベント・旅行

ふたご座流星群2020京都見える方角やピーク時間帯は?穴場スポットも!

ふたご座流星群

三大流星群のひとつであるふたご座流星群は他の流星群の中でも多くの流星が見られます。

その数500個を超える流星群絶対に見逃したくないですね。

そこで今回は京都でふたご座流星群が見られるおすすめ穴場スポットや流星群が見られるピーク時間や方角をご紹介します

ふたご座流星群2020京都見える方角やピーク時間帯は?穴場スポットも!是非、参考にしてみてくださいね!

ふたご座流星群2020京都で見えるピーク時間帯は?

三大流星群のひとつである「ふたご座流星群」の活動期間は12月4日~12月17日頃になり、その期間の中で極大となるピークは、2020121410時頃に極大を迎えます。

2020年12月14日10時頃に極大になる

12月中旬に入ると数が増加しますが、極大を過ぎると急に流星の数は減る傾向にあります。

放射点はほぼ一晩中夜空で見えています。ですが、流星群が見える時間は午後9時頃から好条件となり、深夜2時頃には放射点がほぼ天頂に位置するため、流れ星が真上から降ってくるような絶景が見られるでしょう。

ふたご座流星は、しぶんぎ座流星群やペルセウス座流星群に比べて条件があえばピークで500個もの流星が見られるんです。

 極大は14日10時頃。 13日夜から14日未明にかけて60~80個/時程度、直後の14日夜は30~40個/時程度の出現が予想されます。

引用元:http://sendaiuchukan.jp/

2020年のふたご座流星群も1時間で45個程度の流星群が見られるというのでこれは是非見ておきたいですね。

ふたご座流星群2020京都で見える場所や方角は?

2020年12月に見られるふたご座流星群の観測条件は「好条件」で、ほぼ新月で月明かりの影響がない状態で鑑賞できるのです。

そして、ふたご座流星群が出現する方角ですが、ふたご座がある方角からになるのは間違いないですが、基本的にどこから見ても大丈夫です。

といっても流星群の見やすい場所(ポイント)はありますのでそちらもまとめてみました。

是非参考にしてみてください。

ふたご座流星群2020京都で見やすい場所は?

見える流星の数は、観察する場所の空の明るさで変わるのでたくさんの流星が見たいならできるだけ街頭の少ない空が広く見渡せるくらい場所を選ぶことが重要です。

  • 空が暗い・近くに街灯がない
  • 視界が開けている
  • 風が強すぎない
  • 地面が平坦で舗装されている
  • 車が近くを通らない
  • できれば、トイレが有る事

市街地ではなかなか綺麗に流星群をみることは難しいかもしれませんからたまには遠出をして自然の中で夜空を眺めてみてはいかがですか?

そこで京都(近郊)のおすすめ穴場スポットを調べてみましたのでそちらもご参考になさってください。

ふたご座流星群2020京都のおすすめ穴場スポットは?

せっかくの好条件でふたご座流星群が見られるのですから是非足を運んでたくさんの流星をみてほしいです。

綾部市天文館パオ

〒623-0005 京都府綾部市里町久田21−8

 

文化パルク城陽プラネタリウム

〒610-0121 京都府城陽市寺田今堀1

向日市天文館

〒617-0005 京都府向日市向日町南山82−1

京都府立丹波自然運動公園・丹波天文館

〒622-0232 京都府船井郡京丹波町曽根崩下代110−7

 

やはり穴場は少し遠出して星空を観覧するのがおススメです。

感動の絶景に出会えるはずです!!

2020年のふたご座流星群は条件がいいのでたくさんの流星群を見ることが出来そうですよ。

是非とも穴場スポットをみつけて目に焼き付けておきたいですね!

ふたご座流星群2020京都見える方角やピーク時間帯は?穴場スポットも!まとめ

ふたご座流星群2020京都見える方角やピーク時間帯は?穴場スポットも!

是非とも穴場スポットをみつけて目に焼き付けておきたいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください