テレビ番組

片山友希の恐怖新聞での怪演がマジ怖い!主演級の演技力でも滑舌が気になる?

片山友希

ブレイク女優として話題の片山友希さんが恐怖新聞で演じた桃香が怪演すぎて怖いです。

演技力はさすがですが、夢に出そうな怪演に主演の白石聖さんより目立っていた気もします。

今回は片山友希さんの恐怖新聞での怪演について調べていきます。

注意:片山友希さんの呪怨ばりの怖い画像を載せます。本気で怖いので心臓の弱いかたは見ないことをおススメします。

片山友希の経歴プロフィール紹介!

氏名片山友希(かたやま ゆき)
生年月日1996年12月9日(2020年9月現在23歳)
出身地京都府
身長165㎝
事務所カクタス

中学生のころから劇団ひまわりに所属して舞台女優として活動していた片山友希さん。

2013年の片山友希さんが17歳のころ初デビューします。

2015年から「木下ほうか」さんも所属しているカクタスに所属してからはお仕事の活動の場が広がり、CM出演や映画やドラマにも出演しています。

『俺のスカート、どこ行った?』

『セトウツミ』

『ブラック校則』

『伝説のお母さん』

『恐怖新聞』

ドラマだけでもたくさんの話題作に出演しています。

そんな片山友希さんは演技が上手との声が多いのですが、恐怖新聞で演じた怪演がとても怖いと話題なんですね。

片山友希の怪演がマジで怖い!

恐怖新聞はオトナのドラマとゆうことで夜中に放送されていました。

主演の白石聖さんの幼馴染として出演していますが、存在感やオーラが本当に凄いんですよね。

恐怖新聞に巻き込まれだんだんと壊れていく片山友希さんが本当に怖いんです!

最終回では片山友希さんとのシーンで共演者の佐藤大樹さんにこんな表情をさせています。

佐藤大樹さん演じる勇介に殺された桃香(片山友希さん)が、その恨みから勇介を殺すのですが演技派女優と言われるだけのことはあって呪いの感情が出ていますね。

それに片山友希さんも怖いけど、佐藤大樹さんもいい演技でしたね。

恐怖感が伝わってきましたし、表情も怖かったです。

そしてもともとの片山友希さんはとってもかわいいです♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

2020年もよろしくお願いします。‍♀️

片山友希(@papapanthu)がシェアした投稿 –

それではいきます。

↓↓

 

↓↓

 

 

↓↓

めっちゃ怖い!でも見なれたらかわいい??

片山友希さん撮影時のエピソードをご紹介すると、赤い目は赤いカラコンを入れているそうです。

さらに前が何も見えてない状態での演技だったそうですよ!

この目といい、色の白さといいこれはまさに呪怨ですよね!

監督は『女優霊』『リング』『スマホを落としただけなのに』で知られる中田 秀夫(なかた ひでお)さん。

さすがの演出でした。

ドラマ全体を通して恐怖新聞は片山友希さんが主役級の活躍をしており、最終的にすべてもっていった展開だったと思っています(笑)

片山友希さんのあの姿をみたあともドラマは続いたのですが、本当に怖くなかったので…。

それだけインパクトがあった素晴らしい演技だったのですが、同時に片山友希さんの滑舌が悪くて恐怖を感じないという声もありました。

片山友希が恐怖新聞で怪演も滑舌悪いとの声多い!

とはいえ、最終回での片山友希さんの演技には滑舌関係なく恐怖を感じた人はおおかったはず!

少なくとも私は怖かったです。

片山友希の演技力に対するSNSの声は?

片山友希の恐怖新聞での怪演がマジ怖い!主演級の演技力でも滑舌が気になる?まとめ

今回は恐怖新聞での怪演が話題になった片山友希さんをご紹介しました。

めちゃくちゃ怖いドラマでした。。

正統派の美人からホラーまで演じられる片山友希さんの次回作にも注目ですね。

片山友希の恐怖新聞での怪演がマジ怖い!主演級の演技力でも滑舌が気になる?

最後までご覧いただきありがとうございました。

■関連記事■

片山友希の滑舌は演技?劇団ひまわり出身の演技力の評判が高い訳は?

白石聖の演技力は下手それとも上手い?かわいいのに走り方が変との声も!

中田青渚の出身高校や大学現在彼氏はいる?家族構成や兄弟は何人?

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください