YouTuber・Tiktok

うっせえわAdoの顔バレは美人?高校も判明しちゃった!

いま、「うっせぇわ」という曲が大流行していますね。

みなさんは、「うっせぇわ」をご存知ですか?

小学生以下の子供たちまで口ずさんでいるほどの流行っぷりなんですね。

そんな大人気な曲を歌っているAdo(アド)さんの正体が気になりますよね。

今回は、「うっせぇわ」を歌っているAdoさんのプロフィール、素顔、高校について、Adoさんの曲についての反応。

すでにAdoさんが死んでいる?という噂についても調べてみました。

うっせえわAdoって誰?

大流行している「うっせぇわ」を歌っているのがAdoさんという方です

いろんな方がAdoさんの「うっせえわ」を歌っているので本物がどれか一瞬迷うのですが、本家はこちらの「うっせえわ」です。

 

そんなAdoさんは2020年10月23日に、「うっせぇわ」で、メジャーデビューを果たしました。

メジャーデビュー以降は、ボーカロイドプロデューサーを作詞作曲に迎えたオリジナル楽曲を、次々に発表しています。

Adoさんの活動じたいは、2017年にニコニコ動画であげた動画が初投稿でした。

投稿した曲は、クワガタPさんの「君の体温」の歌ってみたという動画で”期待の新人”というタグがつけられるなど、初投稿とは思えないクオリティの高さに瞬く間に注目を集めました。

その後、ボーカロイドプロデューサーとして活動してきたコンポーザー・くじらさんの「金木犀 feat. Ado」に参加したことでさらに知名度が上がりました。

ニコニコ動画での初投稿から3年もかからず、ここまで人気を集めるのは、素晴らしいですよね。

「うっせえわ」は乱暴な言葉ですが、小学校や幼稚園では大流行。

1人が「は〜?」と言うと、他の生徒たちが「うっせぇうっせぇ」と歌い出すんだそうですよ。

うっせえわAdoの年齢は?

そんなAdoさんは、2002年10月24日生まれで、現在(2021年2月)、18歳の現役高校生です。

あんな色っぽい歌声をしているのに、現役高校生なんてびっくりしますよね。

出身は東京都で、本名は公表していません。

小学生の頃から歌手に憧れていたようで、中学生の頃から歌い手としての活動を開始しています。

顔だししなくても自分の歌を聞いてもらえるボーカロイドに興味をもち、今のスタイルが完成したのですね。

うっせえわAdoの素顔は?

Adoさんは、現在(2021年2月)高校生ということもあり、公表していない事柄が多いんですね。

本名も非公開であると、先ほどお話ししましたが、素顔も公開していません。

ですが、TwitterではAdoさんの顔が話題になっているんです。

気になり調べてみると、Adoさんは2019年2月3日にソロで活動している「あいさん」「まりんさん」「るりさん」とユニットを組んでおり、そこから顔バレしてしまったみたいです。

あいさん、まりんさん、るりさんの3人の頭文字をとった「あまる」というユニット名で活動していて、Adoさんの名前は「るりさん」とも言われています。

Adoさんは、あまるの時代にライブに出演しており、当時の写真が、今でもツイッターで投稿されているんです。

あいさんのTwitterより↓↓

左から「あいさん」「まりんさん」「るりさん」です。

Adoさんは、髪が短くとても美人なので乱暴な言葉で書かれているのが印象的な『うっせぇわ』を歌っているようには、見えませんね。

第一印象は、おとなしそうな綺麗な女の子といった感じです。

ファンの間でAdoさんとるりさんが同一人物なのは知られている話でSNSでも話題になっているので信憑性がたかそうですね。

そしてもうひとつ「うっせえわ」のピアノバージョンでボカシは入っていますが本人出演での動画が投稿されました。

 

mamako
mamako
ごめん。全然わかんない…

あまるのるりさんと雰囲気が似ていると言っている人もいましたが、正直んー?ですね。

結局のところAdoさんが顔だししていないので断言できませんが、ネット民の情報収集力は半端ないですから可能性としては高いかもしれませんね。

そして現在(2021年2月)は、高校生ということもあって顔出ししていないのかもしれませんが、高校を卒業したら素顔を公開するかもしれませんね。

そして現役高校生ということなので、どこの高校へ通っているのか気になりますね。

引き続きAdoさんの通っている高校を調べてみました。

うっせえわAdoの高校はどこ?

Adoさんは、2018年4月に東京都にある「渡辺高等学院」へ入学しています。

渡辺高等学院は、芸能プロダクションのワタナベエンターテインメントが運営している高校です。

ワタナベエデュケーショングループが通信制高校の第一学院高等学校と提携し、エンターテイメントのレッスンを受けながら、高校卒業の資格まで取得できるというものです。

Adoさんは、中学生の頃から歌い手としての活動を始めていますので、芸能高校に入学したんですね。

Adoさんが、渡辺高等学院の生徒であることは、2019年4月28日にあまるが出演した学園祭が、ワタナベエンターテイメントカレッジで、行われていたことから判明しました。

Adoさんは、今年2021年3月に卒業予定です。

高校卒業後は、活動の場が広がり、一層人気が増しそうですね。

すでにMステに出演して電話ではお話していますが、顔出しで音楽番組に出演する日も近いかもしれません。

うっせえわAdoの曲が嫌い?好き?

Adoさんは、高校生という若さでありながら、素晴らしい表現力と歌声で、大人気ですが、実は、批判的な意見もあるんですね。

人気になればなるほど、知名度も上がって、批判的な意見も出てくるものですよね。

Adoさんの曲が嫌いという方の意見をまとめてみました。

1つ目は、Adoさんのメジャーデビュー曲で、代表曲でもある「うっせぇわ」の歌詞が嫌いという意見です。

「うっせぇわ」は、辛辣な歌詞が印象的ですよね。

歌詞の言葉も少々乱暴なんです。

そのため、苦手だと感じる方もいるようですね。

社会への不満をぶつけているような歌詞ですが、誰しもが社会のルールなどに不満を持ったことがあるのではないでしょうか。

それを素直にぶつけた歌詞で、個人的にはかっこいいと思います。

もちろん、「うっせぇわ」の曲が嫌いという人もいれば、これだけ売れているのですから、好きという人もたくさんいますね。

「うっせぇわ」の魅力は、Adoさんの透き通るような裏声や喉を潰して叫ぶような歌声など、さまざまな声を駆使して歌い上げる表現力、現代に訴えるような辛辣な歌詞、耳に残るメロディです。

まだ聞いたことがないという方は、ぜひ聴いてみてくださいね。

2つ目には、声が苦手という意見です。

Adoさんは、特徴的な声をしていますので、声が苦手という方もいるようですね。

反対に、声が好きだから、Adoさんの曲が好きという方も多いようですね。

3つ目は、いろんなところで『うっせぇわ』を聴きすぎてうるさいという意見です。

これだけ人気だと、いろんな場面で『うっせえわ』を聞くことが多いですよね。

そのため、聞き飽きてうるさく感じるという意見が多いようです。

「うっせえわ」は、一度聴いたら耳に残る、忘れられない曲ともよく言われていますね。

そのため、聞き飽きたと思ってしまう人が多いのかもしれません。

うっせえわAdoが死んだのはデマ?

「うっせぇわ」の歌い手であるAdoさんが亡くなったという噂が、一部で浮上しているようです。

結論から言うと、この噂はデマです。

では、なぜこんな噂が浮上したのかを調べてみました。

2020年12月31日に亡くなったYouTuberのうごうちゃんさんが、Adoさんのメジャーデビュー曲である「うっせぇわ」をカバーしたことから、このような噂が浮上したのだと考えられます。

うごくちゃんさんは、ゲーム実況をするYouTuberで、とても人気な方でした。

2021年1月18日に、うごくちゃんさんの遺作として、うごくちゃんさんが生前にアップロードしていた動画である「うっせぇわ」のカバー曲を所属事務所のStudio Coupが、ツイートしたんですね。

うごくちゃんと生前親しくしていたYouTuber総長ウララさんが、「せめて最後の動画はうごくが頑張ると言っていた歌ってみた動画にして欲しいです。」と、事務所・Studio Coupに頼み、その依頼を受けて、「うっせぇわ」のカバーをしている動画を選んだそうですよ。

うごくちゃんによる「うっせぇわ」のカバー曲は、現在(2021年2月)1235万回以上も再生されており、ファンからはたくさんのコメントが寄せられています。

まとめ

今回はAdoさんの顔バレについてと高校を調査してみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください