芸能人・有名人

Cocomi声優デビュー下手上手い?養成学校はどこ?

Cocomiさんは、木村拓哉さんと工藤静香さんの娘さんで、モデル、カメラマンなど次々と夢を叶え、活動の幅を広げていますね。

2021年6月に公開される映画では、声優にも挑戦することが決定しています。

今回は、Cocomiさんの声優デビューについてや声優の評判、通っていた声優学校、プロフィールや経歴を調査してみました。

Cocomiが声優デビュー!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@cocomi_553_officialがシェアした投稿

Cocomiさんは、2021年6月11日に公開される、明石家さんまさんが企画、プロデュースを務めるアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』で声優デビューすることが決まりました。

 

Cocomiさんは、大竹しのぶさん演じる主人公・肉子の娘・キク子の声を演じるといことで、出番も多そうですね。

 

声優デビュー作にして、重要な役どころを演じるということですね。

 

木村家と明石家さんまさんは、家族ぐるみで仲良くしているため、Cocomiさんに声がかかったのではないかという噂もあります。

 

 

Cocomiさんのお父さんである木村拓哉さんは、漫画やアニメ好きで有名ですが、そんなお父さんの影響で、Cocomiさんも幼い頃から漫画やアニメが大好きだったようで、声優になりたいという夢も持っていたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@cocomi_553_officialがシェアした投稿

 

きっとこんなにも早く夢が叶うとか思っていなかったのではないでしょうか。

そして気になるのが、Cocomiさんの声です。

これが声優として初のお仕事となるため、Cocmiさんの声優が上手いのか、下手のかみなさんも気になっているようです。

Cocomiの声優は下手上手い?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@cocomi_553_officialがシェアした投稿

YouTubeには、すでに『漁港の肉子ちゃん』の予告編が掲載されています。

まず最初にあの「木村拓哉さんの子供!」という先入観から期待している人が多いような気がします。

木村拓哉さんと、工藤静香さんの子供だから当然、凄いでしょと思われているがゆえに、Cocomiさんの声優の評判はいろんな意見がありますね。

Cocomiの声優のSNSでの評判は?

Cocomiさんは、今回初めて声優に挑戦しましたが、ネットでの評判はどうなのか調査したところ、「棒読みで下手だ」というコメントがあがっている一方で、「声がいい」とのコメントもあがっていました。

『漁港の肉子ちゃん』は、大竹しのぶさんやあの大人気アニメ『鬼滅の刃』の竈門炭治郎の声を演じた花江夏樹さんなど、ベテランの方がいる中に、声優初挑戦のCocomiさんがいるため、他の方々に比べると違和感を感じてしまう人がいるのかもしれませんね。

ですが、私の感想ではとっても癒される優しい声質なので聞いていてとても好感触だったんです。

まだ予告の短い時間しか聞けていませんが、本編が終わるころにはCocomiさんの声が好きになっているのではないでしょうか。

また、ベテランばかりの中で、初めての声優のお仕事は緊張したんじゃないかなと思います。

声優は慣れだという声もあがっているので、これから経験を重ね、どんどん上手くなっていくでしょう。

今後の成長を見守っていきましょう。

Cocomiが通っていた声優学校は?

Cocomiさんは、中学生時代に、声優学校に通っていたと言われています。

声優になりたいという夢を持っていたそうなので、声優学校に通って、本格的に勉強していたんですね。

そんなCocomiさんは、日本ナレーション演技研究所に通っていた可能性が高いと言われています。

Cocomiさんが通っていたと言われている日本ナレーション演技研究所は、小学4年生から40歳未満まで通うことができ、東京、大阪、仙台、埼玉、千葉、横浜、名古屋、京都、神戸にあります。

 

東京にある中学1年生から通える声優学校は、よこざわけい子声優・ナレータースクール、日本ナレーション演技研究所、インターナショナルメディア学院です。

 

中学生から通えること、東京都目黒区3丁目だと噂されているCocomiさんの自宅から近いことから日本ナレーション演技研究所に通っていたのではないかと言われています。

 

中学1年生の頃通っていたそうで、とても力を入れてレッスンを受けていたそうですよ。

 

声優学校に通うことになったきっかけは、声優のお仕事に興味があったことはもちろんですが、滑舌を治したいという目的もあったようです。

 

Cocomiさんは、幼少期からインターナショナルスクールに通っていたため、日本語の発音があまり上手ではなかったそうです。

 

例えば、日本語で「オムライス」と発音するところを「ウォムライス」と言ってしまうようなことが多々あったようですよ。

 

英語に慣れすぎていたために日本語がうまく話せなかったんですね。

Cocomiのプロフィール経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@cocomi_553_officialがシェアした投稿

本名木村心美(きむらここみ)
生年月日2001年5月1日
出身地東京都
身長161㎝
事務所Purple.Inc

 

Cocomiさんは、現在(2021年4月)19歳です。

みなさんご存知の通り、歌手・タレントとして活躍している木村拓哉さん、女優・タレントとして活躍している工藤静香さんの木村夫妻の長女です。

音楽の才能が多彩なことで知られているCocomiさんですが、3歳からヴァイオリンを始め、11歳の頃からフルートを始めました。

 

2019年から、本名の木村心美という名前で、オーケストラグループ「JPCO(Japan Popular Classics Orchestra)」にフルート奏者として参加し、同年の12月には、ゲストアーティストとしてライブにも出演経験があります。

 

また、同年に行われた「日本奏楽コンクール高校管楽器部門」の第1位フランス近代音楽賞を受賞しています。

 

フルートの実力は、相当なもののようですね。

 

フルートの音色がとても綺麗で、癒されますよね。

 

他にも、英語やフランス語も特技としてあげており、どちらも流暢に話せるようです。

 

Cocomiさんは、幼少期からインターナショナルスクールに通っていたので、小学校入学前から英語が堪能だったそうですよ。

 

かっこいいですね。

 

また、写真を撮ることが上手いことでも知られていますね。

 

Cocomiさんの妹・kokiさんは、たまにCocomiさんに撮ってもらった写真をご自身のインスタグラムに載せていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@cocomi_553_officialがシェアした投稿

ネットでは、「Cocomiの撮影するkokiの写真がすごく綺麗!」、「プロ並みの腕前」など写真の腕前を称賛する声がたくさんあがっています。

 

確かにもともと綺麗なkokiさんですが、より素敵に見えますよね。

 

ファッションモデルをしているときのkokiさんは、かっこよく、キリッとした表情が多いですが、Cocomiさんが撮った写真は、自然体の写真も多く、表情も柔らかくて素敵な写真ばかりだなと感じました。

 

Cocomiさんは、高校卒業した2020年3月に「VOHUE JAPAN」のファッションモデルとして華やかなデビューを飾りました。

 

また、「Dior」のジャパンアンバサダーにも選ばれています。

 

デビューして間も無くで、大手ハイブランドのアンバサダーに選ばれるなんてさすがですね。

 

2021年6月11日から公開される映画『漁港の肉子ちゃん』では、声優デビューを果たし、次々と活動の幅を広げていますね。

 

これからもどんなことに挑戦していくのか、活躍がとても楽しみです。

まとめ

今回はCocomiさんが声優デビューすると話題になっているので評判について調べてみました。

SNSでは賛否両論の声がありますが、予告を見た印象では役に合っていると感じました。

いろんな活動をしているCocomiさん。

本格的に声優の道へ進むのでしょうか?

それとも幅広くいろんなことに挑戦していくのが楽しみですね!

木村拓哉さん、工藤静香さんのような役者としての活躍も見たいですね!

最後までご覧いただきありがとうございます。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください